実家から新米が届き増した。


天気も悪かったし今年はお米が不作だろうなと思っていたら、父が新米を送ってくれて、まさか新米が送られてくると思わなかったのでとても嬉しかったです。
父に電話をすると台風前に稲を刈ったらしく、台風の被害に合うことなくお米を刈ることができたと、言っていて毎年お米を刈る季節はすごく忙しく慌ただしく仕事をしているので、こうやってお米を送ってくれることに感謝しています。
ありがとうございます。

私は、自分の家が農家なのがずっと恥ずかしいと思っていて、回りの友人達を家につれてくるのが恥ずかしかったのですが、今は自分の家が農家なのを誇りに思います。
新鮮な野菜やお米や果物を季節ごとに食べられるのもこうやって父や母作っているから食べられるし、父や母の作るお野菜がどのお野菜よりも美味しく、どんなお料理に使っても形が崩れず食材を味わうことができて、父と母の子供に生まれて良かったなと年を重ねてから知りました。

今では、父や母の仕事を恥ずかしいと思わないし、父と母のお仕事を誇りに思います。